できている歯ブラシを目指しましょう

「私 毎日 朝昼晩 3回歯ブラシを必ずしているのに なぜ歯肉炎や虫歯ができるんですか?」とのご質問がございました。

歯ブラシの役目は

  1.  歯の表面の汚れ(プラークなど)を取り除くこと
  2.  歯肉をマッサージし引き締めること
  3.  舌の汚れをとること(本来舌ブラシの役目)

「できている歯ブラシってどうゆうことですか?」

歯ブラシをする時に [今どこの歯に毛先が当たっているのか意識して磨くことなのです]

そうすることで必然的にゴシゴシ強く当てたり、シャカシャカ早く動かすことを防ぐことになります。

ルールとしてはどこの歯からスタートして どの歯で終わるか決めることです。

右上奥歯の表からスタートして左上奥歯へ左上奥歯の裏から右上奥歯にもどる

下の歯も同様にしている歯ブラシから できている歯ブラシ を目指しましょう。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP