みがきの意識

こんにちは、長谷川でございます。

みなさん!歯みがきをする際、毛先がどこに当たっているか普段意識されていますか?
ただ磨いただけでは、しっかりとはプラークは除去されません。

来院された患者さまの中でも、歯肉の炎症がなかなか治らないとおっしゃる方がいらっしゃいます。
その方に尋ねますと、磨いてるけれど時間も1~2分程度。

やはり、歯と歯肉の境目に歯ブラシを当て毛先が当たっていることを意識しながら歯みがきをしましょう。
そうすれば、歯肉の状態も改善されるはずです。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP