タバコ

こんにちは長谷川浩之でございます。

今日のランチでの出来事
分煙になっているお店で食事をとっていましたが多少ではありますが煙とタバコの匂いがしました。

タバコを止めて何年にもなります。

勝手ではございますが今では匂いがとても苦手です。

それにやはり体に良くはありませんし歯にも悪いのです。

タバコは歯と口の中に大きな影響があります。

口腔ガン、咽頭ガンの発生率が約3倍、歯周病にかかる率も高まり、進行率が5~7倍になるというデータもあります

タバコのニコチンは血管を収縮させてしまい歯周病にかかっていても出血しにくく重度になってから気づくことがよくあります。
また免疫機能を低下させてしまうので歯周病への抵抗力もさがります。

同じ歯周病治療を行っていても同じ結果にはならないのです

私もスタッフも喫煙者の方のお口の中を拝見しただけでわかりますし、禁煙を勧めております。

なかなか禁煙出来なかった患者様は歯のホワイトニングを行ったのをきっかけに禁煙出来た方もいらっしゃいます。

ぜひ、大切な体の為、大切な歯のため禁煙をしてください。

私の禁煙のきっかけは何だったか・・・遠い昔の事で忘れましたが(笑)


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP