PMTCについて④

皆様、今日の東京は久しぶりの晴天でございます。
肌寒いとはいえ、青空はやはり気分がよいですね。

この数日は、予防治療関連の内容を書かせて頂きました。

予防治療の基本として2回、PMTCというプロフェッショナルによるお口のクローニングについて3回、随分長々と語ってしまいました。

その数、5,600文字原稿用紙14枚分でした。
今後はもう少し短くまとめないといけないですね。

さて、私はPMTCには新しい付加価値をつけなければ患者様に受け入れて頂けないとおもっております。

現在のPMTCに関しては、いわば正論で患者さまにご説明していると思います。

しかし、予防治療という観点での正論だけでは、社会に広まっていないことも現実でございます。

様々な問題があるために、一般的に広がらないと感じております。

その中の一つに自費治療ということも考えられるかと思います。
患者様からの意見では【金額が高い】というものがあります。
また、医師やクリニックからは【金額が高いから勧めにくい】という意見もあります。

ある意味、医療は保険治療という日本人としては当たり前の環境が予防治療に関しては弊害になっているのかもしれません。

メタボ対策ではありませんが、太らないことが病気にならない一つの方法なのです。
そして、無駄な医療費を家庭も国も削減出来ることなのです。

多分、歯科医療全体としてPMTCを予防治療としては必要なことと認識はしておりますが、一般社会に認知をすすめられていない現状が、ここに見え隠れしていると感じます。

11月4日のブログにも次の様な文章を書かせて頂きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私の夢の一つとして、【 虫歯の無い社会 】というものがあります。
「痛くなって行く場所」 から 「メンテナンスに行く場所」
に変えていきたいと真剣に思っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【虫歯の無い社会】にするためには、PMTCも「歯磨き」や「散髪、美容室」のように日常生活に溶け込ます必要と感じております。

そのためには、現代社会における人の研究もしないといけないのではないでしょうか?

基本知識と基本技術をしっかりと把握した上での【PMTC】を根幹に付加価値として、

  • 治療内容の追加
  • 患者様満足度の向上
  • 各クリニックの特徴を追加

などを考えていかないといけないのではないでしょうか?

私のクリニックは、【噛み合わせ】【歯周病治療】の2つの大きなテーマを掲げております。
その特徴を最大に活かしたPMTCプランを考えてみたいと改めて思いました。

ごくごく近い将来に実行に移したいと思います。
皆様その際は、是非とも体験をしていただき率直なご意見をいただけると幸いです。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP