PMTCについて①

先日、PMTCに関して”立派な予防治療であることと重要性”をお話いたしました。
いくつかにわけて、その件について書かせて頂きたいと思います。

【PMTCとは何ですが?】
と患者様に聞かれて、一言で何と答えるかといいますと、「プロフェッショナルな専門家によるお口のクリーニングです」のように答えます。

しかし、正直なところ時間があれば、しっかりとしたご説明(経緯や必要性)をさせて頂きたいのが本音でございます。
(いつも患者様との話が長いとスタッフに指摘されておりますが・・・)

折角ですから、私のブログを見て頂いている方にお話をさせて頂ければ幸いです。

特徴ですが、【爽快感と快適さ】と述べる方が多いかとも思います。
確かに自分の体験談を含め簡単に表現をする上で、この言葉はぴったりです。
良く患者さまも、気持ちよく眠りについてしまう方や、終了後に良い脱力感を感じていただける方も多いのです。

これは感覚的な特徴であり、本来の特徴ではございません。
患者様にとっては、口腔内で詳しく何を行っているかは見ることが出来るわけも無く、この様に感覚的な感想になっても致し方がございません。

あくまでも、PMTCは予防治療なのでございます。
予防治療なので、対象者は【歯の健康な人】になるわけです。
歯の健康な人が、虫歯や歯周病にならない為の予防の為に行うものなのです。

では簡単ですが、理論と理屈をお話いたしましょう。

スウェーデンのイエテボリ大学にリンデ教授がいらっしゃいます。
この方は、歯周病における細菌学の権威でございます。
リンデ教授の研究によると、口腔内における歯周菌の原因に嫌気性菌という細菌がございます。(詳しくは明日ご説明させて頂きます)

お口の中というものは、細菌をゼロにすることは不可能でございます。
ちなみに、人間は人生の100分の1を無菌状態で生活をいたします。
それは胎内であり、お母さんのおなかの中は無菌状態にあるのです。

しかし、オギャーと生まれた時からは、細菌が沢山存在する世界側での生活となるのです。

ですから、一旦口腔内の細菌をゼロにしたとしても、細菌は増殖していく性質を必ずもっているのです。
しかし、その増殖スピードには特徴があるのです。
一旦弱まった細菌が、一気に増殖するタイミングは約3ヶ月後なのです。(あくまでも、ブログ様に簡単に説明しております。)

この様な細菌学についてリンデ教授が発見、研究され、世界中の歯科に関わる人たちの基礎知識となっております。

よって、

  • この細菌を口の中から一旦無くしてしまうこと
  • 3ヶ月以内でのクリーニングを繰り返すこと

この様なことがPMTCをする上において必要な事なのです。

ちなみに、PMTCというプロフェッショナルな口腔内クリーニングを提唱、研究を続けられている方は、アクセルソン博士でございます。
この博士は、リンデ教授に師事され、イエテボリ大学歯学部予防歯科主任教授をされておりました。

PMTCは【歯のエステ】といわれることもございますが、実は立派な予防治療なのです。

クリニック全体でPMTCの本質を理解して、皆様にお伝えすることが重要と再認識しております。

皆様、このようにしてお話をさせて頂くと、長くなってしまいます。
ついついクリニックで「先生、次の患者様・・・」と言われてしまう環境をご想像できますでしょうか?

続きは明日書かせて頂きます。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP