ご存知ですか?歯周病で早産や低体重児出産の確率が何倍になるか。

本日は予定どおり、妊娠期の女性と歯周病の関連についてお話ししたいと思います。

妊娠、そして出産というのは、女性だけが経験する人生の節目の時期ですね。

この時期の口腔内の変化も見過ごせません。

歯肉が赤くなったり、腫れたり、はたまた出血したりということがとても起こりやすいのです。

大事なのは、このような変化を見逃すと、産まれてくる赤ちゃんの健康状態にも影響を及ぼしてしまうということです。

女性は妊娠いたしますと、胎盤の発育とともに、昨日も書きました女性ホルモンであるプロゲステロンとエストロゲンが産出されるようになります。

この女性ホルモンの濃度が歯肉溝内でも上昇し、結果的に摂取することになります。

するとプレボテラ・インテルメディア菌という細菌が増殖してしまうのです。

ちなみに妊娠12~13週目頃になると、妊娠初期のなんと5倍ほどにこの細菌が増殖します。

これが、ちょっとした歯石やプラークが付着するだけで腫れや炎症が起こってしまう原因なのです。

「歯茎が腫れるくらいですよね?」

ところがこの歯肉の変化が、生まれてくる赤ちゃんに大きな影響を及ぼすことがあるのです。

皆さんもご存知のとおり、妊娠した女性がタバコを吸ったりお酒を飲みすぎたり、あるいは何か感染症にかかっていると、早産になったり、低体重児を産んでしまう可能性が高くなります。

実は、歯周病も感染症の1つであり、妊娠されている女性が歯周病にかかっていると、そういった早産児や低体重のお子さんを産んでしまう確率が、なんと7.5倍にもなってしまうと報告されているのです。

妊娠されている時に歯医者にかかる・・・

どこへ行かれるにも大変な時期だと思いますが、プロである歯科医のチェックが、お子様のためにも大事であるということが、お分かりいただけましたでしょうか。

また長い治療にならないためにも、妊娠前からメンテナンスを3ヶ月に1度でも受けておくことが有効ですよね。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP