女性の口内環境が男性と大きく異なる点

以前、当ブログで歯周病について何度かお話しさせていただいたかと思いますが、その時は特に男性と女性の違いについては言及いたしませんでした。

しかし、特に女性には男性と異なる遺伝的背景や、ホルモンの違いがありますので、今回はそれについてお話しさせていただきたいと思います。

まず歯周病につながる要因ですが、

  • 咬合の良し悪し
  • 口内環境(清潔か/細菌の状態)
  • ドライマウス

そしてこれらに加えて、

  • 喫煙や過度の飲酒
  • お薬の副作用
  • 糖尿病
  • ストレス

などが挙げられます。

実はここに、女性ホルモンの変化(ホルモンの分泌異常)も関係してくるのです。

女性は思春期になりますと、黄体化ホルモンと卵胞刺激ホルモンが分泌されます。
そしてこれらのホルモンの働きで、プロゲステロンとエストロゲンという女性ホルモンの分泌がスタートするのです。

ところで、子供の時よりも今の方が冷たい水が歯や歯茎にしみませんでしょうか?

実は、このプロゲステロンが増えると、歯肉が知覚過敏になり、小さな刺激に対しても大きな反応が現れてしまうのです。

この「小さな刺激で現れる大きな反応」とは、一体なんでしょう?

それは、プラーク(バイオフィルム)や食べカスが歯肉の縁に付いていることで、炎症反応がすぐに起こりやすくなってしまうということです。

具体的には、歯肉が腫れて血が出やすくなり、痛みを伴うケースも増えてくるんですね。

こうした歯肉炎は、女性ホルモンと深く関係するため、逆に思春期の男性には、そういったことはあまり見られません。

あくまで女性特有のものなのです。
「月経の始まる3日ほど前に歯肉が腫れたり出血する」という方もいらっしゃいます。

女性ホルモンに関係するということは、女性ホルモンが減ればこういった症状も減るのか・・・というと、確かにそのとおりです。

しかし、この時期に歯肉や骨吸収をできるだけ防ぐようにしないと、「できるだけ自分の歯を長持ちさせる」ということは叶いませんので、歯科で定期的なメンテナンスを受けることが大切になってきます。

思春期のお子様がいらっしゃるご家庭でしたら、お子様の大切な歯が50年、60年と長持ちしますよう、この時期のケアを大事にしていただけたらと思う次第です。

明日は、妊娠期と歯周病の関連についてお話ししたいと思います。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP