現在インプラント治療中の患者様

本日は、今までご紹介してきた例にはなかった「現在インプラント治療中」の患者様の例を紹介させていただきたいと思います。

初診時、左上下の歯が欠損で、当院に来院されました。
半年前に左下のインプラント治療、土台、そして仮歯まで入っております。

インプラント仮歯

(鏡越しのため、赤丸の位置が左下の歯になります。)

すぐに左上の歯にもインプラントを入れたかったのですが、患者様のお仕事がお忙しくなった関係で、このたびやっとオペをさせていただきました。

半年も経っているのに左下がなぜ仮歯なのかというと、上下左右前後の咬合のバランスが本当に大事であるからです。

そのために、左上のインプラント治療をして、仮歯を入れてバランスを見るために、いまだに左下もわざと仮歯にしております。

全体的にはまだ治療の途中です。

インプラント手術切開前

(左上、切開前)

インプラント手術:入れたところ

(インプラントを入れたところ)

インプラント手術縫合

(縫合したところ)

いつもお話ししていることですが、インプラント治療に限らず、上下左右前後の噛み合わせのバランスが全てを決めるのです。

これを無視して歯科治療は成り立たないのです。

お口の中がきれいに整いましたら、また皆様にここでご披露したいと思います。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP