なぜ歯の表面はデコボコなのか(ちゃんと意味があるのです。)

歯の噛み合わせ

前回、噛み合わせの高さと、それから体をリラックスさせることについてお話をさせていただきました。

噛み締めや食いしばりが強いと、歯の咬耗、磨耗が顕著に現れます。
それにより上下の噛み合わせが、点でなく面で接触するようになるのです。
(デコボコが摩耗するため。)

皆様からすれば、歯が面で接触した方が、しっかり噛めて良いように思われるかもしれません。

しかし実は、そうではないのです。

理由をご説明いたします。

歯の表面は、咬頭、裂溝など複雑な形態を成しており、上下の歯が、点で接触するように構成されているのです。

それにより、噛む時に歯を支えている歯肉や骨に、力が分散されて伝わるようコントロールされるのです。

逆に面で接触すると、ダイレクトに力が伝わり、負荷がかかりすぎてしまいます。
この過剰な負荷が、実は歯周病を引き起こす原因になるのです。

また、歯が点で接触することで食べ物を噛み切ることもできるのですが、これが面で接触しますと、滑ってしまい、食物をうまく噛み切れないのです。

ですから、歯がデコボコしているのは、歯周組織を守るために正しいことなのです。

それで我々は、新しい被せ物を入れる時に、自然の形態と同じ表面を再現して、患者様のお口の中に入れさせていただいております。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP