インプラントを入れて骨が回復した症例

今回は、インプラントを入れることで「骨が回復した症例」をご紹介させていただきます。

歯周病、感染根管による骨の吸収

こちらの患者様は、歯周病と感染根管により骨の吸収が起きてしまっていました。

ご覧の通り、赤い点線で囲まれた部分が黒くなっております。
つまり、骨がなくなっていることがお分かりになるかと思います。

これだけ骨がありませんと、本当は、2本抜かないとダメかと思った患者様でした。

結局、2本の奥歯のうち手前の歯は、明らかに歯根破折を起こしていたので、インプラントを入れざるをえませんでした。

しかし奥の歯は、根の治療をすることで骨が回復する可能性がありましたので、抜かないでトライしてみたのです。

インプラントによって奥歯の骨が回復した事例

こちらが、当院での治療の経過としてのお写真ですが、骨が回復していることが分かられますでしょうか。
それにより、当初の治療計画が間違っていなかったことが証明された症例です。

骨が戻った要因ですが、まず1つには、チタンによる骨結合と誘導が挙げられます。(※チタンは生体親和性が高いため。)

次に、根の治療による感染源排除からの骨の回復もあったことでしょう。

最後に、なんといっても正確で確実なインプラントを入れさせていただくことによる、噛みあわせのバランスの向上が大きいと思われます。

骨がなかった当初は、2本とも動揺があったのですが、根の治療が進んでいくに従って、徐々に動揺が緩和されてきました。

インプラントは、失った歯の代わりをただ務めるだけでなく、入れ方によっては、他の歯や口内環境を、守ったり改善したりすることのできる、素晴らしい治療法であると思います。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP