最近赤ちゃんを授かったご家庭は要注意

先日、「愛犬家の方はご用心」という内容をお話ししました。ペットを可愛がるあまり、じゃれ合っているうちに口から歯周菌がうつってしまうのは大変なリスクだという件です。

実は同じことが、お父さん・お母さんと赤ちゃんの間にも言えるのです。

もっとも、ペットと違い歯周菌がうつるのはお父さん・お母さんから赤ちゃんへの一方通行です。

なぜなら、赤ちゃんのお口の中には虫歯菌や歯周菌がいないからです。

たとえば虫歯の原因となるミュータンス菌ですが、これはつるつるした面にだけくっつく菌です。
そのため、赤ちゃんの場合は歯が生えるまで、ミュータンス菌のくっつく場所がないのです。

こうした細菌の感染経路は、赤ちゃんとのスキンシップ、キスやスプーン、箸、そして口移しなどで唾液から感染してしまうのです。

感染しやすい時期ですが、生後19ヵ月から31ヵ月、つまり1歳から2歳半ぐらいの期間だと言われております。
(この期間のことを、Windows of infectivity=感染の窓と言います。)
さて、それでは赤ちゃんの口内環境を考えた場合、前述のようなスキンシップはできないということになるのかというと、そうではありません。
実はうつした方が良い菌もあります。善玉菌です。
善玉菌が住み着くことで、虫歯菌が感染しにくくなるというメリットもあります。

いったんまとめさせていただきますと、感染しやすい期間にお父さん・お母さんの虫歯菌をうつさない、ということが大事になるのです。
この時期を過ぎると、今度は唾液と接触してもそれが原因による虫歯は発生しないのです。

最後に、大切な赤ちゃんの歯を守るために、ご両親が取れる有効な対策をご紹介致します。

ポイントは、お父さんやお母さんの口の中の菌の量です。
普段、お口の中が清潔に保たれていて、菌が増えすぎておらず
おとなしい状態であれば、虫歯菌もうつりにくくなります。

逆に、お母さんなら妊娠中のつわりや不規則な生活、偏食などでお口の中が汚れていると、虫歯菌が増えやすくなります。あとは治していない虫歯があれば、さらに菌が増加してしまいます。

1)虫歯の治療をしておく。(チェックしてもらう。)
2)唾液検査をしてもらえる歯科医院で、菌の量を検査しておく。
(多い場合は3DSなどで除菌してもらう。)

これらが大事なことですね。
妊娠前から、ときどき歯科検診を受けるようにすれば素晴らしいと思います。

小さい頃の虫歯が原因で、痛み以外にも、歯並びや歯が生えそろうことに問題が生じてしまうのは、かわいそうなことです。
その原因が親である自分達であったとなれば、なおさら大変です。

ちょっとした検査やクリーニングは、割と簡単に行えます。

「実はお父さん、チェックしてみたら菌がいっぱいで、慌てて減らしたのよね~」
と、いつかお子さんに話す、こんな光景もほほえましいと思います。

○本日の記事は、お役に立ちましたでしょうか。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP