インプラントの認定インストラクターとは

昨日は、最近赤ちゃんがお生まれになったご家庭で、注意しておくと良いことについて、お話しさせていただきました。

まだ生まれて間もない、かわいいお子さんの口内環境を左右するのは、まさにご両親、もっと言えばご両親の口内環境です。

アトピーなどと同様、口内環境についてもお父様、お母様によって左右されますし、それは赤ちゃんが生まれた後の振る舞い次第でいくらでもケアできますので、どうか正しい知識をもっていただきたいと思います。

さて、プロフィールのところにも書かせていただいていますが、私はインプラントに関する認定を2ついただいております。

「プラトンインプラント講師・認定インストラクター」と、「3iインプラント認定インストラクター」です。

プラトンと3i(スリーアイ)とは、どちらもインプラントの種類(メーカー)のことです。

私は数種類のメーカーの中から、1人1人の患者様のご希望や咬合、骨の状態などによって最適だと自信を持って判断できるものを選ぶようにしております。

—–(補足情報)—————————————————-
・プラトン
⇒珍しい、国産のインプラントです。日本の精密加工の技術は
 世界一だと思いますが、それをインプラントに応用し、
 おおくの日本人の骨格に適したインプラントシステムです。
 日本の様々な臨床家の意見を元に、改良に改良を
 重ねながら開発されました。

・3i(スリーアイ)
⇒製品のラインナップがとても多く、様々な症例にも適応することが
 できます。アメリカでシェア1位、世界的にも3位という高いシェアです。
 日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDA(食品医薬品局)に、
 「骨が不良な部位における治癒実績を改善した唯一のインプラント」と
 認定されています。
——————————————————————–

インプラントの認定医として、私はおよそ月に一回の間隔で、大阪、名古屋、京都、仙台といった都市で、講演・講習会を行わせていただいております。

その理由は2つあります。

1つは、既にインプラントに携わっている他の先生に、インプラントの新しいテクニックを教えるためです。

先日もシカゴの学会で学ばせていただきましたが、そういった内容も含め、適切なインプラント治療を伝える役割を担っていきたいと、思っております。

もう1つは、メーカーへのお礼の気持ちからです。

今の自分がありますのも、そういったお世話になっているメーカーが常に情報を提供してくれたり、また、私からの質問に親身になって答えて下さったからだと思うのです。

還元の気持ち、そして、私もやはり先輩の先生方から教えていただいた経緯がありますので、今後もこの活動を続けていきたい、そう思っております。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP