続は力なり

先日雑誌「宝島」様から、「歯周内科治療」についての取材を受けました。

長い間ブログを中断しておりましたので、初めて読まれる方の為にお話しさせて頂くと、お口の中の問題は大きく分けると細菌感染(虫歯・歯周病)と咬み合わせのバランスの二つにしぼられます。

この二つの問題がクリアされれば楽しいお食事をする事が可能になる訳です。
治療方法、ゴールは様々ですが、何でも咬めるお口の中が健康につながる訳ですから。

私はいつも歯科治療がゴールした患者様に「治療はゴールしたけれど、ここからがスタートですよ。メンテナンスを継続する事で二度と悪くならないようにしましょう。」とホッとされないようにお話しております。

昨日もお話ししましたが、「継続するは力なり」私もブログ頑張ります。

シルバーウイーク楽しくお過ごし下さいませ。
我が家では中2の息子が有明でテニスの都大会新人戦に出場するので、応援に行く予定です。
ハラハラドキドキ、手に汗握る事になりそうです。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP