老人性肺炎予防のためのお口のケア

こんにちは長谷川浩之でございます。

老人性肺炎は、老年者の直接的な死因のうち死亡率のもっとも高いものです。

病原菌は、お口の中や、喉に常にいる細菌です。
お口の中の細菌が、睡眠中に気管支や肺に入り込んだり、食べ物と一緒に間違って気道に持ち込まれてしまうことによって発症することがあります。

そこで、寝たきり老人などに対して、飲み込みやすい食物を工夫したり、飲み込み方を指導することも必要です。

さらに、消毒薬やうがい薬などを用いてお口の中の清掃を徹底することが大切です。お口の中をきれいにするケアなどが、老人性肺炎を予防する上でとても重要です。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP