歯周病と全身疾患のリスク

歯周病にかかっている方が多い現代ですが、多くの人がその危険性について実感していないのではないかと危惧しております。

歯周病が怖いのは、単に口の中の病気というのではありません。
糖尿病・早産・未熟児・心臓病・脳卒中・肺炎など、様々な病気を引き起こす可能性があるのです。

歯茎から血が出ていると、そこから細菌が入り全身にまわってしまいます。
歯周病の特徴として、「痛みがないので、自分では気づきにくい」ということも問題なのです。

歯周病の原因菌は、歯肉の神経を麻痺させて痛みを感じなくさせる酵素を出すとも考えられています。

歯周病は歯周病菌の塊(かたまり)である歯垢(プラーク)や歯石による歯茎の炎症ですが、けして軽く考えたりしないでください。

例えば、歯周病の人は心臓病になる確率が2~3倍にあがるといわれているのです。

口の中には何百種類という細菌が生息していますが、口から体の中に入り込むとさまざまな病気(心臓病、肺炎、糖尿病、早産等)を引き起こすことが知られ、医科でも問題になってきています。
【心臓病】
重度の歯周病になると、菌による炎症から血栓ができやすくなります。
そのため、動脈硬化を招き心筋梗塞や狭心症などを引き起こすことがあります。
また心臓の内側にある心内膜の炎症を引き起こし、細菌性心内膜炎になる場合もあります。
【糖尿病】
歯周病が糖尿病を引き起こすだけでなく
糖尿病の患者さんが歯周病にかかっていると血糖コントロールが難しくなり、
さらに悪化してしまう可能性があります。
実際治療を行なっていても治りが遅いと感じられます。
【早産】
歯周病菌による口内の炎症が胎児の成長に影響し早産を引き起こすことがあります。
また、歯周病の妊婦は、歯周病でない妊婦と比べて、
早産や未熟児を出産する確率が7倍にもなるといわれています。
歯周病の予防は、歯と歯肉を丁寧にブラッシングすることや、時間をかけよく噛んで食べることが基本です。

しかし、丁寧にみがいたつもりでも、歯垢が残り歯周病を引き起こす場合があるので、3,4ヶ月の割合で歯科検診を受けることが必要となります。

お口の中の健康は全身と関係していることを知っていただき、歯科医院をお口の健康だけでなく、全身の健康のためにご利用いただけるよう願います。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP