徳川家康はカムカム!よく噛む?

こんにちは長谷川浩之でございます。

本日は噛むことと顔の形の関係についてお話しさせていただきます。

歴史上かの有名な徳川家康には、「一口で48回噛んだ」という記録が残っています。

埋葬された遺骨等の分析、研究により、家康の顔は「えらの張った四角い顔立ち」をしていたといわれています。

時代がながれ、12代将軍、徳川家慶の歯をみると、ほとんどすり減っておらず、これは食物をよく噛んでいなかった証拠です。

食べ物も豊富になり、彼がいかにやわらかいものばかり食べていたかが推測できます。

その分あごの骨も発達せず、顔の形も「うりざね顔、らっきょ顔」だったそうです。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP