お口の中、渇いていませんか?

こんにちは!
長谷川でございます。

今回は、唾液の分泌についてお話いたします。

唾液の分泌量は、夜寝ている時に少なくなります。

朝起きると、お口の中が渇いていたり、ネバネバしていたり、臭いが気になったりしませんか?
それは、就寝中に唾液の量が減少してしまうために、お口の中で細菌が増加し、虫歯や口臭・歯周病へとつながります。

就寝前は、いつもよりもしっかりとしたケアが必要です。

また、唾液の分泌量は、ストレスや疲れ・加齢・薬の副作用で減少する場合もあります。

お口の渇きを感じたら、水分をよく摂取し、食事の時はよく噛むようにしましょう。
また、すっぱいもの(梅干し・レモンなど)を食べると唾液が出やすくなります。思い浮かべただけでも、唾液が出てきますね。

もう一つ、唾液腺の場所をマッサージしたり、舌を前に出したり動かすことで、唾液の分泌を促します。

渇きやすいなと感じたら、どうぞ、お試しください。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP