フッ素の効果!

先日、患者様より「フッ素は信用してないです」というお話しを受けました。

私どもの歯科医院でもフッ素を取り入れていますが、皆様フッ素は何故良いかご存知でいらっしゃいますでしょうか?

虫歯はごく初期の(C0=要観察歯)場合は治ることもありますが、一般的には他の病気と異なり人間の身体がもっている自然の力で治ることはございません。
なので、まず虫歯を作らないようにする為に予防することが何よりも大切なのであります。

虫歯はお口に住んでいる沢山の細菌の中の虫歯菌(ミュータンス菌)などが、糖分を養分にしてプラーク(歯垢)を作ります。

飲食をすると、虫歯菌が糖分より酸を作り出しプラークが酸性になります。
この時歯の表面(エナメル質)を溶かし、カルシウムやリン酸が奪われてします。
この反応を【脱灰】といいます。

しばらくすると、唾液の働きにより酸が中和され、カルシウムやリン酸が歯の表面(エナメル質)に再び戻ってきます。
これを【再石灰化】といいます。

飲食のたびに脱灰と再石灰化が繰り返され、脱灰が優性になると再石灰化がおいつけなくなり虫歯へと進行していきます。

フッ素は身のまわりにある植物や動物、人間の身体にも含まれております。
なので毎日の飲食からフッ化物として身体に取り入れているのです。
フッ素は人間の身体とくに歯や骨を丈夫にする有益元素です。

フッ化物は歯の表面から取り込まれ、歯の結晶(アパタイト)の一部になります。
フッ化物を含んだ歯は普通の歯よりも丈夫になり虫歯菌の出す酸に対してもより強くなるのです。
また、再石灰化も促進し、エナメル質の補修がしやすくなります。
最近の研究でも再石灰化促進力の方が虫歯予防効果として大きいとされています。

なので、是非フッ素を取り入れて見て下さい!


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP