メタボリック

こんばんは、
長谷川浩之でごさいます。

午後になりパラパラと雨が降り続いています。
明日の出勤時間まで長引くようです。
こんな寒い日は家でのんびりするのが一番ですね。

今日は【メタボリックシンドローム】についてお話させていただきます。

「メタボリック」とは「代謝」という意味で、「内臓脂肪症候群」とも言われます。これは生活習慣病の一つで、内臓に脂肪がたまると、肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症などの
症状が複数でて動脈硬化を呼び、心臓病や脳卒中での死亡につながります。

年々少しずつ体型が変わりますが…脂肪は恐いものですね。
でも、歯科の分野からも予防方法があるんです。

現在、このメタボリックシンドローム対策のため、厚生労働省健康局の【保健指導における学習教材集】に、歯科に関する以下の6項目が重要として組み込まれました。

  1. 歯周病は糖尿病の合併症の一つである
  2. 一口30回噛むことで肥満予防
  3. きちんと噛めるための自分の歯を健康に保つ
  4. 歯周病予防は、日常の手当て(ブラッシング)と専門家による予防手当て(PMTC)が必要
  5. 歯周病予防のために、毎日歯ぐきを見て自己診断
  6. 喫煙は歯周病の危険因子であるから禁煙を!

いかがですか?消化器官の始めは口と呼ばれるほど、噛むことは大切なのですね。

また、自分の歯で食べるほどおいしい食事はありません。
皆様も、いまある歯を一本ずつ大切にケアしてあげてください。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP