リンゴを思いっきりかじれますか・・・・

いつもありがとうございます。
長谷川浩之でござまいす。

今日の東京は日中はポカポカで気持ちがいい一日した。
丸の内の診療室ではブラインドを降ろすほど暖かです。

余談ですが、『リンゴをおもいっきりあなたは噛めますか?』というCMをご存知ですか?ある年齢以上の方は覚えていらっしゃると思います。

さて、この言葉を聞いた方はいらっしゃいますか?
【酸蝕症】です。字の通り【酸】による病気です。

現在、成人の6人に1人が酸蝕症といわれています。

酸蝕症についてご説明させて頂きます
健康に良いとされる酸を含む飲食物を取り続けることによって、酸がエナメル質(歯の表面)を弱い状態にさせ、歯を薄くしてしまった歯のことです

以前にもお話させて頂きましたが、お口の中は食事をする度に酸性や中性に傾いています。その食事内容にポイントがあります。

酸性の強い食品を召し上がる頻度の多い方…
では具体的にリストアップします

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ph(ペーハー)】数字が小さいほど酸性です

リンゴ      2.9
グレープフルーツ 3.0
ワイン      2.3
コーラ      2.7
お酢       2.4
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

酸蝕症のリスクを最小限にする簡単な予防手段があります

  • 炭酸飲料や果汁は素早く飲み込んでください。口の中でブクブクしたり、長時間口の中に含まない
  • やわらかめの歯ブラシとフッ素配合歯磨剤で、優しくかつ完全にブラッシング
  • 定期的に歯科検診を受け、気になることがあれば歯科医に相談してください

…でも、すっぱい物を食べた後は余韻がよかったりもしますね?(笑)


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP