歯周ポケット検査をするもう1つの理由

以前も申し上げましたが、歯周ポケット検査を行ないしっかり調べることによって
患者様のブラッシングの癖が分かります。

しかし、それだけではなく、歯周ポケット検査は同じ歯が再度虫歯にならないようにするために必要な事でもあります。それは、ベースの部分の歯周病をひきしめてから型をとることがやり返しのない治療につながるということなのです。

私の医院では、歯周ポケット検査は当たり前のプロセスとして治療の前に必ず行わせていただいております。

例えば、奥歯に冠をかぶせるとします。
それを歯茎が腫れている状態でかぶせてしまうと、基本的には歯茎のラインが境界線になるわけだから、腫れている状態で境界線ができてしまいます。

しかし患者様がその後
「ここは治してもらったから今度からちゃんと磨こう」
と思い丁寧に磨いていくと炎症は治まっていきます。
そうしますと冠と歯肉の間に隙間があいてしまいますよね。

これが歯科治療の、何年か経ったあとに二次的な虫歯ができてしまう原因の1つなのです。隙間があいているわけですから、そこから菌が入ってしまいます。

歯科医師・歯科衛生士浩昭会のメンバーは、同じポリシーのもとに治療を進めております。

しかしながら、患者様からするとどうしても時間がかかっている、という印象になってしまうかもしれません。他の治療にすぐ入る歯科医院と比べて、やはり治療期間は長くなってしまいますから。

そこをご理解いただかないと、
「なんですぐ治してくれないの」
とご不満に思われる方もいらっしゃるでしょう。
その部分はしっかりとしたコンサルテーションが必要です。

今の日本の歯科医療の現状からすると、ご理解はしていただいても結局こなくなってしまう方もいます。

患者様にしたら
「わかってるんだけど、いままでの歯科医はそうじゃなかったし」
となってしまうのでしょう。

ですから国をあげて予防医療に重きをおくという啓蒙活動をしていかなければならないと考えております。

歯周ポケット検査の実際の流れについてですが、1回目の歯周ポケット検査後、歯科衛生士によるブラッシング指導、プラーク除去、歯石除去等を行ないます。
この内容は患者様のお口の中の状態により様々です。

歯肉の腫れなどが落ち着くよう2週間あけてから、2回目の歯周ポケット検査を行うのが正しい方法です。

検査後の流れは患者様それぞれによって異なります。
2回目の状態が良かった場合、その後1ヶ月程の期間をあけてご来院いただきます。
歯周ポケット検査中は1週間に1度通院しているので患者様の意識も高いまま保てますが、やはりその後の自己管理ができているかが大切だからです。

1ヵ月後も特に問題がないようですと、3,4ヶ月に1度のメンテナンスになります。

患者様の中で、他の歯科医院で歯周ポケット検査をしたことがある方は全体の2割以下程度なのが現状です。

全ての歯科医院が患者様の為を想い、歯周ポケット検査をするべきだと私は考えております。

日本の未来を考えるなら、予防治療に力を入れていない歯科医院はおかしい、という方向になっていかなければなりません。

本日もご訪問いただきまして有り難うございます。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP