相手の身になるということは、自分が損をすること

みなさま、いつもありがとうございます。

今日は勉強になった言葉がありましたので、お伝えさせて頂きたいとおもいます。

よって、カリエスのメカニズムは本日は中止でございます。

【相手の身になって考える】

私の友人にこの言葉について気付かせて頂きました。

その友人曰く、
【相手の身になるということは、自分が損をすることなんだよ】

私は一瞬で“なるほど”って思いました。
自分が損をするというのは、少し表現が強すぎるのかもしれませんが、たしかに、相手の身になるというときには、自分自身が何かを行っているときだと思います。

また、その友人にこの様にも言われました。

【相手の身になるとはどういうことだ!】

心理学などでは共感力という定義がございます。
相手の立場になってものごとを考えられるかという指標です。

これには、実際には2種類あると教えて頂きました。
一つは、相手の表情に共感する。
一つは、相手の存在になりきること。

相手の身になるとは難しいことですよね。

自分自身が損をするというのは、自分自身が何かの行動をするということです。
何かの行動とは、相手の為になること、そうです。
相手の身になって、行動を起こす。

私の友人が伝えたいことは、
【相手の身になって考える】ということは、行動をおこすということで、考えることではない

ありがたいことがあった今日1日でした。

○本日もご一読、ありがとうございました。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP