大事にしているポリシー:担当制

私ども浩昭会では、歯科医師・衛生士ともに担当制にしております。

1人の患者様に対して歯科医師も衛生士も変わることなく同じ者が担当する体制です。

歯科医院によっては毎回違う衛生士がついていることもあるのではないでしょうか。
しかし、担当制にすることは、歯周病などの予防にもつながると私は考えます。

それは、患者様に対して変わることなく歯科医師と衛生士が組んで診ていくことによって、患者様の変化を詳細にチェックしていくことができるからです。

毎回違う衛生士が汚れをとっていたとすると、患者様の以前は良かったところが腫れていても気がつかないということが起こります。
同じ衛生士がチェックしていたら「あれ、この歯、前は良い状態だったのにどうして腫れちゃったのですか?」と、そこまで目が届くのです。

患者様に対して来院の度に衛生士が代わる代わる診ていたら患者様の小さい変化に気がつきませんよね。

患者様が初めて来院したときの歯茎の状態や改善されていった経過などは1人の衛生士が診ていかない限りはチェックできないし、気がつかないのです。
そのために担当制を導入しました。

歯科医師にしても衛生士にしても必ず担当制にして診ているため、患者様1人1人に合ったきめの細かいサービスなど、色々なことができているのではないかと思っております。

同じ衛生士がずっと担当しているということは、患者様にとっての安心にもつながると考えます。
当医院の衛生士それぞれにファンがついているのは、やはり担当制にしていることで患者様とより深くコミュニケーションがとれているからではないでしょうか。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP