未来といわず早く実現させたい歯科医療

私は日々このブログにおきまして、歯科医療に対する私の考え方や、現場で直面したことに関する所感などをお話しさせていただいております。

中でも、私が行いたい歯科医療の1つが、「予防をメインとした歯科医療」です。

なぜなら多くの方が、「歯が痛くなったら歯医者に行って、治療をする」というパターンでありますため、大切な自分の歯を抜くことになったり、月に何度も治療に通うことになったりしてしまいます。

理由は、「痛い」「グラグラする」などの自覚が出てきた頃は、虫歯や歯周病などの症状が、標準以上に進行しているもので、気付いた時には手遅れであることが多いからです。

そこで、(既に欧米ではそうですが)2~3か月に一度でも、ちょうど美容院に通う感覚で、治療ではなく予防をメインとした歯医者にすることが大切になってくると思うのです。

定期的に通うなんて忙しい、手間がかかる、と多くの方が思われるかもしれません。が、本当は、症状が進んでしまった後で治療を受ける方が、時間も、治療費も、治療に伴う神経的圧迫も大きくなるのですす。

また、審美的にも、定期的なメンテナンスによって常に歯が白く美しく保たれるメリットは、その人が持つ本来の美しさ、そして自信につながると思うのです。

私は、歯科医という職業はカウンセラーであると考えます。

なぜならば、お口に自信がないせいで自由に笑顔になれなかったのに、笑顔を取り戻し、明るく振る舞う様になった患者様を沢山見てきたからです。

治療だけではなく、そういった心のケアまでが、私たち歯科医が自信と責任を持って担わせていただくことだと思うのです。

そして、そういう歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士でいっぱいの歯科医院になった時、それが、「イヤイヤ行く歯医者」ではなく「自分から通いたくなる歯医者」という文化が、日本でもスタートする時だと私は考えております。

まず当院からそのようにしようと、他の先生方やスタッフのみんなと話し合い、様々な試みも行なっております。

また、もっと多くの患者さまにきめ細かい対応をさせていただくには、このような考え方に賛同して下さる仲間が必要でもあります。

歯科医師や歯科衛生士の方で、もし当院に同調して下さる方がありましたら、コメント、あるいはこちらのカウンセリングページからでも大歓迎ですので、一緒に働かせていただければと思っております。

「歯科医療を通じて、心も健康に出来る歯科医・歯科衛生士」を、応援して下さる方、また、私たちと一緒に目指して下さる方は大歓迎です。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP