噛み合わせを勘違いしてしまったあるプロ野球選手の裏話

前回は、噛み合わせとスポーツの意外な関係についてお話しさせていただきました。

本日のお話も合わせると、咬合の大切さが一層よく分かると思われます。

以前、アメフトの日産パルサーズの選手の方々のマウスピースを作らせていただいておりました。

アメフト、ラグビー、ボクシングなど、マウスピースをはめて競技をするスポーツがありますよね。

これは、衝撃から歯を守ることを目的としてマウスピースを使用しております。

決して、強く噛み締めることによって力を発揮しようとしているのではありません。

これは歯科医の先輩から聞いた話ですが、セリーグのホームラン王になったことのある選手が、奥歯を0.5ミリぐらい高く冠を被せることで、強く噛み締めることができるようになり、それでもっと多くのホームランを打とうと勘違いされ、翌年以降、散々な結果になってしまいました。

実際に重要なことは、無理な筋肉の緊張感を体に与えず、リラックスすることが望ましいのです。

ですから、ゴルフで遠くに飛ばしたいと思われたら、タイガーウッズのように一度ベロを出されてスイングしてみるのも良いかもしれませんね。
(紳士のスポーツで舌を出すのは恥ずかしいかもしれませんけど・・笑)

当院では、噛み合わせのバランスのチェックも重要視しておりますが、さらに咬耗、磨耗のチェックも怠っておりません。

歯の表面の咬耗や磨耗によって、健康な歯が歯周病になることも実はあるのです。
次回はそのことについてお話しさせていただきたいと思います。

○本日もご一読、ありがとうございました。

インプラントについて、最新技術他いろいろなことが説明されています。
PCP丸の内デンタルクリニック総合ページ


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP