字てがみとは?~とある私の休日~

高嶋悠光先生の字てがみ講座

「あなたの歯を長持ちさせる生活習慣とは?」という記事の中で、生活習慣病を防ぐのに不可欠な習慣とは何か、についてお話をさせていただきました。

(一部引用)
悪習慣が、歯周病の原因となっているのです。>ですから、歯磨きやお口の中だけを気にするのではなく、生活習慣も気にかけることが、歯周病予防につながります。

 

実は、あの時にお話しした内容の他に、もう1つおすすめしたいことがございます。それは、ご自身の「モチベーション」に気を配ることです。

これは特に、お仕事や家事などに人一倍、勤しんでおられる方におすすめしたいと私は感じております。

やることはなんでも構いません。
旅行でも、スポーツ観戦でも、何かリラックスできたり、心・気持ちが元気になれる、仕事以外のことをするのです。

逆に、お仕事などで心がいっぱいになってしまうと、真面目な方ほど煮詰まってしまい、最後にはその大切にしているお仕事まで辛くなってしまいます。

そうなりますと、結局生活習慣も乱れてしまい、極端な話、毎日の歯磨きまでできなくなるケースもございます。

そこで今回は、実際に私がお休みの日に参加してきましたイベントのことについてお話ししたいと思います。
(上記のような目的でしたので、歯には関係のないお話になりますが…。)
知人の紹介で、高嶋悠光先生という方の
字てがみ」という書の講座に参加させていただきました。

字てがみとは、葉書に漢字一字を大きく書き、その横に添え書を縦書きで書き入れ、自分の気持ちを相手に伝える、というものです。

添え書きはなるべく短い方が、余韻が残り、またひらがなを多く使うと雰囲気が良い、とのことでした。

ちなみに書く時の大切な心構えが、

「うまく書こうとしないこと」

なのですね。まさにリラックスするのにピッタリな書の講座だと思いました。
そして私も、初めてながら書いたものを先生に見ていただきました。
その結果は・・・

「まだ力が入りすぎていますね。もっと他の皆さんのように力を抜くようにしましょう。」

とのことでした。

ですので、私の書いた書の写真の掲載は、パンフレットの表紙をもって代えさせていただきます。
先生に言われてみて、まだリラックスがうまくできていないのだなと、感致しました。

皆様にお話しさせていただきながら恐縮ですが、自戒を込めて、「モチベーション管理のための時間の使い方」も、うまくなるようにしていきたいと思った、休日の1コマでした。

○本日もご一読、ありがとうございました。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP