同業に支持される歯科医とは?!

先日、大変嬉しい出来事がありました。

それはどのようなことかと申しますと、歯科医師の方が遠方から私の治療を受けに来院されたのです。
私より7歳上の歯科医師の方でした。
なんと茨城県からわざわざ奥様を伴ってお見えになられたのです。

ご主人が「虫歯の治療が必要かもしれない」と言われたため、奥様がインターネットなどを探した結果、治療をするならこの先生が良いと私の医院をお選びになったとのことでした。

お二人ともとても感じの良い方々でした。
奥様はご主人様の診療が終わるまで1時間近くもお待ちなっておられるような、大変仲の良いご夫婦でした。

以前大学の同級生も何人か診療しましたが、今回はお互い面識のない状態で私の医院を選んでいただけたということで、大変光栄に思いました。

私がどの位本気で治療をしている歯科医であるかが、インターネット上で読み取っていただけたのだと感激しました。

実際歯科医は自分の歯を治療しなければならなくなった場合、その歯科医が自分のポリシーと合っているかどうかで判断していると私は思います。

私の場合はどこまでこだわっているか、どこまでマニアックかで判断できるのではないでしょうか。
仮歯も本物にどこまで近づけるか追求していたりといったようなことです。

どこまで予防治療に本気で取り組んでいるかも重要であると思います。

同業の方の治療にあたるということで、これからも益々勉強していこうというモチベーションが更に上がりました。
今後も満足せずにもっと成長していきたいと思っております。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP