ブリッジとインプラントで迷っています。

本日も、歯科医療現場にて患者様からいただいたご相談を紹介させていただきます。
インプラントを考え中の方にもお役に立てば幸いです。

「歯周病で抜けてしまった歯の復元に、ブリッジを選ぶか、インプラントを選ぶかで
 正直、迷っています。」

まずブリッジについて、部分入れ歯とも違いますのでご説明をさせていただきたいと思います。

ブリッジは、名前のごとく歯を失った両脇の歯を土台として、架け橋を渡して上げる治療方法です。

ブリッジこちらの図をご覧下さい。

歯牙

まず左側が、歯が抜けてしまった状態です。

次に、ブリッジをするために、抜けた歯の両側の歯を削ります。
(中央の絵で、歯が削られて小さくなっています。)

そして最後に、そこに3本分の歯がつながった被せ物をして、完成です。これがブリッジですね。

入れ歯とは違って取り外すものではなく、固定式で、舌触りも見た目も、まさに歯が復活した状態になる治療方法です。

しかしながら、ブリッジを入れるためには隣にある健康な歯を削ってあげないといけないのです。
一度歯を削ってしまえば、二度と元に戻すことはできません。

また、両隣の2本分の歯を土台にして、3本分の歯を入れるということは、2本分の土台で3本分の歯にかかる負荷・衝撃を支えなければならないということです。

そのため、使い続けているとやがて健康だった両隣の歯までグラグラしてしまって抜かなければならなくなるケースも、残念ながら少なくありません。

チタン製のインプラントが普及される以前は、このブリッジの治療方法が第一選択とされていました。

しかしながら、インプラントの治療法であれば、失った場所にのみインプラントを入れることによって、まさに永久歯が復元されるのです。

他の歯を削ったり、あるいは他の歯に頼らなくても、しっかりと顎の骨と結合して長持ちする永久歯が復元する方法であると言えるでしょう。

今では世界中で、歯を失った場合の第一選択はインプラントです。

誰でも無理矢理、健康な歯を削りたくはありませんものね。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP