入れ歯とインプラント、どちらが歯の寿命を延ばす?

インプラントに関する質問やご相談を、本日もご紹介させていただきます。

「歯がなくなったので部分入れ歯を考えています。
 確かにインプラントは噛み心地はとても良いそうですが、そこを我慢できるなら、部分入れ歯もインプラントもそれほど変わらないですよね?」
では、部分入れ歯とインプラントの大きな違いについてお話しさせていただきます。

まず部分入れ歯の場合、歯茎の土手の上に乗る本体部分(床)と、隣の健康な歯にバネをかける(クラスプ・維持装置)、この二構造によって構成されます。

バネをかけた健康な歯には、部分入れ歯の歯にかかる負担まで加わりますので、長い時間が経過すると、健康な歯までグラグラになったり、傾いて痛くなったりするなど
様々な弊害が起こってきます。

実は、バネがシーソーの原理やビールの栓抜きのような役目をしてしまって、健康な歯を支えている骨が吸収を起こし、それでグラグラになってしまうのです。

また、「入れ歯は一度作ったら一生使えるもの」ではありません。

なぜならば、長い間使っていくと、歯茎に接する床の部分に隙間ができ、入れ歯がカタついてくるからです。

このように、入れ歯というのは
「一度作ったら二度と新しいものを作らなくてもOK」
というわけにはいかないのです。

それどころか、部分入れ歯から隣の歯もグラグラになり、総入れ歯に突き進んでいってしまいます。

一方のインプラントは、人工歯根とも言われるとおり、健康な歯と同じように顎の骨の中に土台(根)を埋入します。

ですから、一度骨と結合してしまえば、交通事故など余程のことがない限り、一生第二の永久歯として利用できるのです。他の歯の力も借りません。

確かに、最初にかかる費用は部分入れ歯の方が安く済みます。

しかしインプラントでかみ合わせのバランスも調えたならば、他の歯の負担まで軽減してくれる役割も、担ってくれるのです。

つまり、他の健康な歯の寿命を延ばすことにまでつながるというわけです。

せっかく治療したのに、また治療が必要になった、他の歯まで悪くなった・・・
こういった患者様は、まだまだ多くいらっしゃいます。

なんとかそのようなケースを減らして患者様の笑顔を長続きさせることが、私たちの役割だと思っております。

「なぜ当院では、入れ歯ではなく、インプラントを推奨するのか」

本日のお話で、この理由が伝われば幸いです。

○本日もご一読、ありがとうございました。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP