歯周病の方のためのインプラント相談

今回は、当院の歯科医療現場にて、歯周病の患者様からいただいたインプラントに関するご質問を紹介致します。

この患者様は、まず当院に来る前に、「歯周病で歯がグラグラになって噛めない」
と、他院の先生に診てもらったという経緯がございます。

そこでその先生からは、

ここの部分は、もう抜かないといけない

と言われたそうなのですね。

ここまでは、私もやむを得ず同じ判断であったと思います。
ただし他院では、

歯周病で駄目になった歯だから感染を起こす可能性がある。そのためインプラントではなくて入れ歯の方がいいですよ

と説明を受けてきたそうなのです。

その患者様が、ご紹介があって当院にいらっしゃいました。

確かに歯周病で抜けた歯であれば、そこは感染していますので、たとえインプラントを入れても、またグラグラしてくるのではないのかな、と思われるのも当然でしょう。

しかしこの患者様は、どうしても入れ歯にはしたくない、という思いを持っていらっしゃいました。

まず根本的に、この患者様には歯周病の治療と、噛みあわせのバランスを整えるということが絶対条件として必要になります。

問題の、歯周病の細菌によってインプラントもグラグラになるのではという件ですが、実はきちんと口腔内細菌をコントロールすれば、一度歯周病で失われた骨の部分にインプラントを入れても全く問題ないのです。

良い環境に整えてからインプラントを入れることで、入れ歯よりもかみ合わせのバランスを整えることができます。

その結果、他の歯への無理な負荷も減り、それぞれの歯の寿命が延びることにつながるのです。

このように、「歯周病の患者様はインプラントが入れられない
というのは、間違いなのです。

残念なことではありますが、この患者様は最初の先生のところでは、歯周病検査も、口腔内細菌のチェックもされていない状態でした。

(こういった検査を、必ず行うようにしていない歯医者で あったということが、残念でした。)
結局この患者様は、当院で歯周病の治療を進めていきましたところ、歯茎もしっかり引き締まってきたのです。

これだったらインプラントもうまくいきそうですね

と喜ばれ、無事インプラント手術を行うことができました。
現在最後の被せ物も入って、「まるで自分の歯のような噛み心地」
を充分に楽しんでおられます。

ここを見て当院に来て下さる方もあり、ここで私のお話しした
大切なことが伝わっていた時は、特に嬉しく思います。


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP