動画:女性ホルモンと歯肉の関係


今回は「女性ホルモンと歯肉の関係」についてお伝えします。
歯周病につながる要因は、咬合、口内環境、そしてドライマウスです。
これらに喫煙や飲酒、薬の副作用、糖尿病、ストレスといったものが加わってきます。
そしてもう1つ、実は女性ホルモンも歯周病につながる要因として挙げられるのです。
女性ホルモンの1つであるプロゲステロンが増えてくると歯肉が過敏になり小さな刺激に対しても反応するようになるのです。
そのため、知覚過敏になったり歯肉が腫れて血がでやすくなったりします。
「月経の前には歯肉が晴れる」という方がいらっしゃいますが、これも女性ホルモンの影響によるものなんです。
ただし、この症状を女性ホルモンによるものだからと、放置しておいてはいけません。
じつは・・・
続きは、こちらの動画をご覧ください


あなたのお口の設計士:長谷川浩之
千代田区丸の内にある2つの歯科医院にてドクター兼理事長を務めさせて頂いております。
お悩み・ご相談・ご質問等がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


クリニック案内ページへ

歯医者が語る、お口の常識&ひ常識 HOME に戻る

PAGETOP